読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森のようちえん きらめき

大阪府和泉市で森のようちえんをつくろうとしたが、長男が拒否したため方針変更。 おうち森のようちえんを実践中

「しなければならない」に負けない

こんにちは。今日は大人が森のようちえんをしてもいいんじゃないかというお話です。森のようちえんでは、毎日決まったプログラムを行うことはほとんどなく、お散歩がメインの活動です。自分の中にある自然に従い、自然の中でしたいように過ごす。そこは何をしてもいいし、何もしなくてもいい。そんな場所です。自分の決定が尊重されるそんな場所であることが森のようちえんの魅力のひとつです。大人は忙しさに追われるような毎日の中で暮らしています。だから子どものころだけでも、こんなのんびりとしてゆとりのある生活をさせてあげたいと考えていました。

 

何をしてもいいし、何もしなくてもいい。それは大人も同じ

でも、最近考えるようになりました。何をしてもいいし、別に何もしなくてもいい。そんな場所は本当に森のようちえんだけなのかと考えるようになりました。大人は仕事にいかなければならない。家事をしなければならない。一人で何でもしなければならない。と、様々な「しなければならない」に縛られているように感じます。しかし、縛られているように感じますが、それはすべて自分の選択なんです。

仕事に行くのも、家事をするのも、子どもの世話をするのも全部自分の選択です。仕事は行きたくなければ休めばいい。誰に文句を言われようが休めばいいんですよ。人に迷惑がかかるから、とか周りの目がとかいろんな理由はあるでしょうが、最終的に自分が決定してるんです。

子どもの食事をつくりたくなければ、レンジでチンでも、ピザ宅配でも、白いご飯にのりだけでも、お菓子だけの日があったっていいんですよ。それはダメでしょと思うかもしれませんが、私が言いたいのは、見逃しがちですがその選択肢は確かに存在するということです。

私は基本真面目ですから「しなければならない」の圧力にたびたび屈しそうになります。子育てするなら、子どもはお風呂に毎日はいらなければならないや、野菜を食べなければならないや、夜は早く寝なければならないなどなど。でもそれって楽しくないし、窮屈になって、無理が出てくるんです。だから、それを自分が「やりたい」のか、「やらなければならない」に縛られているのかどうか、しっかり自分と向き合うようにしています。

そうしていると楽しいことが増えていって、毎日良い気分です。自分のしたいことをしたいようにする場所は森のようちえんの中だけではないし、子どもだけに許されたことでもありません。大人も好きなようにすると毎日楽しくて、子どもも楽しそうな大人を 見て、嬉しくなります。

 

 「人に迷惑をかけてはいけない」に負けない

特に子育ては情報に溢れていて「しなければならない」の嵐です。あいさつできなければならない、片付けができなければならない、集団行動できなければならない。こわいこわい。あと、「一人で何でもできるようにならなければならない」母親はこれにはかなり縛られています。

母親は頭痛がしても動けないほどではないから自分が頑張って動く。どうしようもなくなるまでは自分で頑張らなければならない。おかしい!倒れるほどしんどくなくても、今辛いと感じているなら助けを求めたらいいんですよ。両親が頼れないなら、 一時保育でもベビーシッターでも、近所の友だちでも誰でもヘルプを出せばいいんですよ。その助けての合図を迷惑がるほど、 人は冷たくないと思います。私は迷惑とは思いません。むしろ、ヘルプくれてありがとう!! ってなる。でもみんな固い。誰もヘルプくれない。ヘルプください。全力で助けます。

子どもにもそうです。母親は自分が頑張っているから、子どもにもがんばれといいがちです。何でも1人でできないと困るよと言ってしまいがち。君が将来困らないように言ってあげているんだよのスタンス。でも私は上手に人を頼るスキルの方がこれからは必要だと思います。辛いとき、ためらいなくヘルプを出すスキル。人を頼る、頼ってもいいという経験がある方が人生に幅が出るし、楽しいと思うんですよね。

人を頼って、助けられて、また次は自分が他の人を助けてあげる。それって素敵だと思います。好きなことを楽しくやって、辛いときは人を頼って。嫌なことにはイヤと言う。そんなシンプルな生き方が大人の森のようちえんかなと思います。大人の森のようちえんは気持ち次第で今から始められそうです。 

 長男がすんなり森のようちえんに馴染んでいたら、そんなことを考えることもしなかったかもしれません。長男は私にいろいろな視点を与えてくれます。ありがとう長男。

f:id:miraimikiki0201:20161212150654j:image

某アリオでノリノリの長男。寒いから室内でしか遊ばない。アリオでは基本裸足。

f:id:miraimikiki0201:20161212150750j:image

朝からお菓子食べる次男。この前にアイスも食べてる。同じく、アリオでは基本裸足。