読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森のようちえん きらめき

大阪府和泉市で森のようちえんをつくろうとしたが、長男が拒否したため方針変更。 おうち森のようちえんを実践中

お前は生きてるだけで、最高だ!

こんばんは。今日は私の昔のお話を通して、「君は生きているだけで最高」という話をします。私は幼稚園や学校生活のころ、先生のいうことは全て聞き、勉強もできて人当たりも良くて正しく優等生でした。どうして勉強するのか、どうして先生のいうことを聞くのか考えることもしませんでした。今では不思議に思えるほど、従順で盲目でした。優秀でまわりに褒められる自分が自慢でした。

できない自分が恥ずかしい

でも、そんな優等生だった私は社会人になって就職した仕事にどうしても馴染めませんでした。一緒に就職した同期は問題なく続けているのに、私はどうしても耐えられなかった。手を噛むという軽い自傷行為に及ぶほどストレスはひどくて、すぐに辞めてしまいました。私は学校生活の中で与えられた課題で、できないと思ったことは何一つありませんでした。私はなんでもできると思っていました。でも社会に出てすぐに精神的に潰れてしまったんです。次の仕事の内定を貰っても、どうしても行きたくなくて、断ってしまうことを繰り返していました。

みんなと同じように仕事をできないことが、辛くて惨めでとにかく恥ずかしかった思いを今でも覚えています。私はみんなと同じようにできない自分を受け入れられませんでした。みんな働いているのに、働いていない自分が不出来で、情けなくて、やっぱり恥ずかしかったんです。

 そのままでいいと教えてくれて、ありがとう

私は周りに恵まれていて、その状態を誰も責めることはなく受け入れてくれました。時間がたち、私は仕事を続けられなかったけど、私はダメではないと気づきます。私は今まで、私は勉強ができる、私はみんなに誉めてもらえる、私は何でも人より上手にできるという自信の上に立っていたのだと思います。でも、仕事を辞めてしまった私を誰も責めなかった。社会人になれば、1人で生活できるお金を稼いでくることが当たり前の世の中で、社会でお金を稼ぐことができなくても、何もできなくても、周りは変わらず私を愛してくれました。何ができるとか、何ができないとか関係なく、私という存在を丸ごと愛してもらえていたことを知りました。何かができるから自分に価値があると決めつけていたのは自分だけでした。何もできなくても、そこに生きているだけでOKなんです。生きてるだけで丸儲けは事実です。

みんなと同じようにできないと恥ずかしい。

みんなと同じようにできないと不出来。

みんなと同じようにできない自分はダメな子。

こんな風に自分の子どもには思わせたくありません。私は幼稚園、学校生活の間、みんなと同じようにするのが得意だったので何も感じませんでしたが、みんなと同じではないということが恥ずかしいと学校生活の中で刷り込まれていたように感じます。社会人になって初めて、この勘違いをしていることに気がつきました。だから、自分の子どもには勘違いをさせたくありません。何かができるから「良い子」なのではありません。みんなと同じようにできるから良い子というのは、大人の都合の良い子なだけです。みんなと同じように何もできなくても、みんなと同じではない君がそこにいるだけで最高だと子ども自身に知っていて欲しいんです。

やっぱり世間には、みんなと同じようにが溢れています。親がいくらみんなと同じでなくてもいいと伝えても、環境がそれを許さないことは多々あります。それでも個人を大切に大切にしてくれる場所がないかなと思っていました。森のようちえんは子どもの意思を尊重してくれる場所です。私の望む環境に一番近いと思って、森のようちえんが大好きになりました。残念ながら、私の子どもは森のようちえんには通いませんが。

〈過去記事〉我々がすることと同じくらい、我々がしないことを私は誇りに思う。 - 森のようちえん きらめき

私はみんなと同じようにできないとダメ、社会でお金を稼げるようにならないとダメ人間だという勘違いに打ち勝つべく、長男に、次男に、夫に、家族に、友だちに、そして自分自身に「お前は生きてるだけで最高だ!」と伝え続けていきます。
f:id:miraimikiki0201:20161216163251j:image
f:id:miraimikiki0201:20161216163318j:image

何かあればヘルプください。くれたら、むしろありがとう!

私に「お前は最高だ!」と言って欲しいときがありましたら、遠慮なく連絡ください。先日、私と話がしたいとおっしゃってくれた方がいらっしゃいました。ヘルプ頂きましたー!ありがとうございます!

miraimikiki0201@gmail.com