読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森のようちえん きらめき

大阪府和泉市で森のようちえんをつくろうとしたが、長男が拒否したため方針変更。 おうち森のようちえんを実践中

欲を言えば「楽しそうに生きていてほしい」

今日次男がすべり台から落ちました。大きなすべり台なのですが、慣れている公園で、何回も次男は一人ですべったことがあったので私はただ見守っていました。しかし今日はいつもよりとてもすべりがよくて、すべっている途中でバランスを崩して、頭を打って、そのまま勢いよくすべり台を下まで滑って、最後にまた頭をごんと打って着地しました。私はその様子をなすすべもなく立ち尽くして、すべり台の上から見ているだけでした。着地した次男は一瞬動かなくて、本当に恐ろしい気持ちになりました。駆け寄ると泣いて抱きついて来たので、一安心でした。その後、嘔吐もなく、意識がおかしいこともなく、言動にも異変はなく、大きなけがにはいたらなかったようです。

しかし、その次男が落ちていく様子が頭に何度も思い浮かびます。今も寝ている次男の様子を何度も確かめに行っています。寝ている間に次男に何かあったらと思うととても怖いです。

 

大概は些細なことだという感覚

次男は特におっぱいにご執心で、寝るときやひまなときはすぐにおっぱいを所望します。私は長時間吸われると乳首が痛むので、もうやめて!と怒ってしまうことも多々あります。特に眠い朝方が多いです。そんな風に怒鳴ると次男は泣いてごめんねーと言います。ぱいぱいごめんねーと泣きます。最近何度も繰り返されるそのやりとりにイライラすることが多かったんです。


f:id:miraimikiki0201:20170111024810j:image

 

でも、そんなことは本当に些細なことだと思いました。今日のすべり台から落ちていく姿を思うと本当に怖くて、もしもこの存在がいなくなってしまうということを考えただけで涙が出そうになります。大事な大事な次男です。言葉を覚え始めのたどたどしい話し方で、ままだいすきと言う姿。大好きなウルトラマンの真似をして廊下をシュワッチ!と駆け回る姿。ままごはんおいしいねーとたくさん口に入れて笑う姿。長男とケンカして泣きまくる姿。仲直りした後にハグしあう姿。かわいい次男のいろんな姿を思い出し、全部全部大事な大事なものだと気づきます。今日は本当に無事でよかったです。

 

欲を言えば「楽しそうに生きていて欲しい」

 私は長男に、次男に、たくさんのことを望んでしまいます。ああなって欲しい、こうなって欲しいは尽きることがありません。普段から多くを望まないように気をつけているつもりですが、こうして欲しい、ああして欲しいと注意する声の絶えない日々です。でも、今日のようなことがあると普段から口を酸っぱくして注意していることなど、些細なことで、どうでもいいことです。生きていてくれたら、元気でいてくれたらそれだけで本当に幸せなことです。


f:id:miraimikiki0201:20170111024906j:image

 

私はそんな大切なことをすぐに忘れます。明日もきっと長男に、次男にいろんな注意をすると思います。でも、ここに残しておくことでまた思い出します。ただ元気に生きていてくれることが、どんなに素晴らしいことか。どんなに幸せなことか。どんなに貴いことか。

忘れても、思い出し、忘れても、思い出し、大事にしていきたい。毎日は平凡に平坦に過ぎていっているようですが、今はとても大切です。明日、次の瞬間何が起こるかわかりません。今日の公園で次男が大きなけがをしてしまうことだってありえたのです。今日はとても幸運でした。

子どもたちが元気に笑っていられる瞬間をただたくさん積み上げていく毎日が、今の私の幸せな毎日です。明日も怒るかもしれないけれど、聞き流してくれてかまいません。口は言わなくていいことばかり言うような気がします。でも私の本当の願いだけが子どもたちに届いて欲しいと思います。


f:id:miraimikiki0201:20170111025000j:image

 

ただただ元気で生きていてほしいです。欲を言えば「楽しそうに生きていて欲しい」です。笑って、泣いて、忙しい子どもたち。明日も元気に生きていてくれたら私は最高に幸せ者です。今日も生きていてくれてありがとう。